令和4年2月

 おはようございます。ただ今、涅槃会(ねはんえ)の法要を、君たちにはご家庭からお勤めしてもらいました。

 「涅槃会」は、古来2月15日とされているお釈迦様のご命日の法要です。したがって、「涅槃」という言葉は、一般にはお釈迦様のご臨終という意味で理解されています。しかし、その語源は古代インドの“nirvana(ニルヴァーナ)”という言葉であり、そこには「火を吹き消す」という意味があります。
 人間の生活には、思い通りにならないことがたくさんあります。それが「苦しみ」です。お釈迦様は、その原因は人間がもつ様々な「煩悩」にあるとして、これを「貪・瞋・癡(とん・じん・ち)」という3つの根本煩悩に整理されています。「貪」は貪りの心、「瞋」は怒りの心、「癡」はおろかさのことで、3つの毒、「三毒」とも言います。お釈迦様は、人間の心が煩悩に支配されている状態を「すべては燃えている」と表現されていますが、この煩悩の炎を消し去ってしまえば、苦しみはなくなり、心は平安を得られます。本来は、その状態を「涅槃」と言います。

 人は誰でも、人生を幸せに生きていくために生まれてきています。だから、これまで学園に三度来校されたダライ・ラマ法王も、怒りや憎しみの心を鎮め、かわりに愛と慈悲の心を高めなさい、そして心の平和を築きなさいと仰っています。それが、世界平和を達成するためにも、私たちがまずなさなければならないことだと説かれています。
 ところが、やっかいなことに、私たちは貪り、怒り、憎しみ、妬み、不平不満……、といった貪・瞋・癡の三毒にとらわれがちです。すると、それらを燃料に煩悩の炎はますます勢いを増していきます。物事を見る視野が狭くなって、ホリスティックな考え方もできなくなります。そのために、この地球に生きる79億人のすべてが同じ人間社会に属しているのに、争いばかりが起きることになってしまいます。

 しかし私たちには、誰にでもできる煩悩の炎を鎮める術があります。その術とは、一人ひとりがつとめて感謝の心をもつということです。それが、愛と慈悲の心を高め、お互いの心の平和を築く礎となります。

 私たちのまわりには、感謝できることがたくさんあります。プラスの出来事が続いて順調なときには、そこに必ずお陰様のご縁があります。逆境にあるときも、そこには何かしら大切なことを教えてくれる恵みが隠されています。そのお陰で成長することもできます。そもそも、家族がいる、仲間がいる、衣食住が足りている、学校に通える、仕事がある……、当たり前に思えることも、実はそれだけでありがたいことです。
 だから、つとめて感謝の心をもつこと、そして、できる限り笑顔で「ありがとう」と口に出すことです。

 先日、新聞の投書欄に、居酒屋でアルバイトをしている専門学校生の文章がありました。
 ほんの少しの時間も待てずに注文したものは「まだか」と催促する人、閉店時間を守ってくれない人、そういう人がいる一方で、笑顔で「ありがとう」と言ってくれる人もいる。そういう大人に出会うと、気分もよくなり、こんな素敵な人に自分もなりたいと思うということでした。
 笑顔や「ありがとう」という言葉には、人の心を豊かにする力があるのです。
 言葉には言霊があると言います。自分の発する言葉は、相手だけでなく自分の耳にも入ってきます。普段何気なく使っている言葉というのは、それを発し、それを聞くことで自然と心にため込まれていくものです。だから、煩悩にとらわれて、不平不満のようなマイナスの言葉ばかりを発していると、マイナスのイメージが心にたまってしまいます。しかし、意識してプラスの言葉を発していけば、それまでマイナスのイメージがたまっていたとしても、それを打ち消してくれるだけでなくプラスのイメージが心にたまっていきます。「ありがとう」は、その最たるものだと思います。感謝で心を満たしていけば、煩悩の炎は鎮まり、心の平和が築かれていくのです。

 身のまわりにたくさんある感謝すべきことに気づき、つとめて笑顔で「ありがとう」、「ありがとうございます」と口に出す。たった一度の人生です。自他ともに、心豊かに幸せに、歩んでほしいと思います。

(「涅槃会」より)