令和3年4月

 昨日、入学式を行いましたが、本日、始業式を迎え、全学年が揃いました。未だ世の中はコロナ禍にあります。感染しないために、感染させないために、細心の注意を必要とする生活は続きます。しかし、目の前の「今、ここ」にどういう心の態度で臨むか、それは私たち一人ひとりに委ねられています。この令和3年度、コロナ禍はコロナ禍として受け止めて、しかしその中でも、旃檀林(せんだんりん)の獅子児としての誇りと気概を持って、できること、すべきことに、前向きな気持ちで臨んでほしいと思っています。

 さて、始業式に当たって、上級生の諸君には改めてということになりますが、君たちが毎日当たり前にしている、そして新入生もすでにしてくれている、「校門での礼」の意味について、確認をしておきたいと思います。

 「校門での礼」には、4つの意味があります。
 1つ目は、もちろん出入の挨拶ということです。校門には先生方、守衛さんもいます。だから、礼をする前あるいは後で気持ちのよい挨拶をする。朝は「おはようございます」、帰るときには「さようなら」、集団の中に自分を埋もれさせてしまうのではなく、一人ひとりが主人公として挨拶をする。挨拶はお互いの魂を開く鍵です。そこからお互いを尊重し合う心も生まれます。
 2つ目は、学園の歴史と伝統に対する敬意です。校門の正面にあるブリッジに、校章と教育理念である“Think&Share”の文字が掲げてありますが、校章には学園の歴史と伝統が込められています。
 校章の右側の模様は大本山永平寺の紋である久我竜胆、左側は大本山總持寺の紋である五七の桐をデザインしたもので、この部分は、昔からずっと変わりがありません。以前は、この中に「中」とか「高」の文字が入っていましたが、1991年の創立90周年以来、ここには三角と円弧の形が入っています。三角は君たちが坐禅をしている姿、智と徳を修め学び、身と魂を鍛え磨く姿を表し、円弧は地球というやがて君たちが活躍する舞台を表しています。
 3つ目は、校舎に対する感謝です。発心館、観性館、修道館、放光館、そして校庭も含めて、これらは学業やクラブ活動などを通じて、君たちが自らの内にもつ仏性、本来の面目、すなわちかけがえのない価値を光り輝かせるための大切な道場です。その道場に対する感謝です。
 4つ目は、校内各所の仏像に対する敬虔の念です。仏像は単なる偶像ではなく、内にもつかけがえのない尊い価値を明らかにした歴史上の実在した人物です。その方々に対して敬虔の念、うやまいつつしむ心をもつということです。同時に、その方々と同様、君たち一人一人もかけがえのない尊い存在です。りっぱな人間になることのできる力をもっています。だから、自らの内にもつかけがえのない価値、自らのいのちの尊厳と可能性に対しても敬虔の念をもってほしいと思います。校章の中にある三角は、君たち一人一人を表しています。その一人一人にかけがえない価値があります。それを光り輝かせるための理念が“Think&Share”です。だから、校門に立ったとき、正面の校章と教育理念を見据えて礼をするということは、自らの内にもつかけがえのない価値に対して礼をするということでもあります。

 以上が、「校門での礼」の意味です。したがって、何気なく頭を下げるのではなく、心を込めて礼をしなければなりません。足を止めずに歩きながら、ポケットに手をつっこみながら、友だちとおしゃべりをしながらでは、心は込もりません。心を込めるには、まず、礼の「形」を調えることです。
 一で、白線のところで足をとめて、正面の校章と教育理念を見る。
 二で、頭を下げる。会釈ではないので、首ではなく、腰でお辞儀をする。45°以上を意識してください。
 三で、頭を下げている自分を見る。頭を下げれば、自分の身体の脚下が見えますが、同時に心の脚下を見つめて、自分には「かけがえのない価値」があるんだ、だから伝統あるこの道場で、「今日一日精いっぱい過ごすんだ」という心構えを磨き直す。
 四で、ゆっくり頭を上げて、もう一度、正面の校章と教育理念を見る。
 五で、歩き出す。

 帰るときには、振り返って同じように一礼をして、「ありがとうございました」という気持ちとともに「今日一日精いっぱい過ごしたか」と振り返る。

 君たちは、誰も見ていなくても校門で礼をしています。それは誇るべき習慣です。さらに礼の「形」に磨きをかけ、その「心」を究めていってほしいと思います。
                                 (「始業式」式辞より)

新着のお知らせ一覧に戻る