ニュージーランド短期留学

現在、世田谷学園の高校1年生5名が、ニュージーランドへ3カ月に渡る短期留学が行われています。交流校のダーフィルド校での生活を交えて、彼らたちの便りを紹介します。

吉岡君
ニュージーランドでの数学は、日本での高校一年と高校二年の中間に当たるyear12で、指数の基礎を学ぶという私達と同じ範囲を取り扱っておりました。しかし、その内容が簡単な約分をひたすらに行うというもので、日本と比べると、遥かに日本での方が難しい事をやっていることが印象的です。(このクラスを取っている私達四人は、事前にクラス分けを受けた上でyear13の問題等を解かせていただいております)。さらにyear11の方は、二つの数を式に代入するだけ等なかなか衝撃的な内容でした。ここら辺の部分は自分達で確りとやっていかなければならないと、改めて認識しました。

さて、NZの弁当は基本的にスナックとサンドイッチとフルーツで構成されていることが多いです。中でも驚いたのは、林檎でも桃でもはてはキウイまでもが丸ごと入っていることです。逆に林檎を切って食べるのは日本くらいじゃないのと言われたのがかなり衝撃でした。あと、余談ですがプラムがとても美味しいです。

臺 君

Hi, this is Ryo.I’m on 2nd holiday in New Zealand now.
Today I went hiking and caving with my host family.
I felt really hot while waking through the mountains,but after caving I felt really cold.
Do you know why? We walked in the cold water ,and the water level was about 1.2meters. So we soaked our legs,belly and even chests in the cold water for a half an hour.Maybe I’ll be sick tomorrow.

Now,I’ll start the weekly report.
I’ll classify it into 3 types from now on.

1.through the home staying
2.in the school life
3.others

Let me start with 1
I have 2 things that I felt through the home staying.

One is about how to spend time every night.
We have dinner at 6pm ,and after dinner,mom and dad start watching movies.They keep watching just before going to the bed.And they watch many kinds of movies. For instance,we watched “Gladiator” on Tuesday. It’s set in the Roman Empire. It seems to be for adults,and I haven’t watched it before. However, my host brother has. He’s 3 years younger than me,but he discussed about the description of the movie with dad.I was surprised and embarrassed. When I was his age, I watched comedy shows on TV and rolled around with laughter. That’s one of the best strategies to raise the level of my cultural appreciation ,I realized.

The other is about regional supermarkets.
I went shopping with mom,and I saw one thing that I haven’t seen in Japan. Can you guess???
The answer is “international food corner “
It’s classified into the continents. So there many kinds of foods around the world. In Japan, there’s no corners like this (as far as I know). You know, many people say “Japanese people’s diet is international “.
However, it’s not truly international, I think. There aren’t so many immigrants in Japan, so the original recipes don’t come into Japan.Then, Japanese people arrange them and have in daily lives.
Thus, shopping in the regional supermarket forced to rethink about how to enjoy foods around the world.

Then, let me talk about 2
I feel children here are innocent. They try to do their best and enjoy to everything. I felt it in the PE class. We got along with each other a little. I realized spots are international languages. That’s about it I guess.

Finally, I’ll talk about 3
I feel that a day is too short these days. Time flies so quickly and sometimes I want to go back to the past. So many people say “ spend time with no regrets”.
But I come to think it’s just self-satisfication these days. I think I have to think about how to contribute to the others. I want to rebuild my plans with this thinking.

And I fully realize that my English is really poor.
I can’t say what I want to say in the conversation. It’s so regrettable. I have to make further efforts.
But I’ll enjoy the process like New Zealand children.
Please wait and see.
Maybe you know I’m “school sick”, but no need to worry. I’ll get used to it.

I wanna see some snow in Tokyo!!!
Thank you. Bye.
Ryo

それでは今週のreport に入ります。
A month has almost passed.
It’s really hot these days. I often play basketball at lunchtime, and  sweat a lot.
But the air is really dry, so I don’t feel hot for the temperature.

I manage to get used to the daily lives.
The QOL is getting better, but that also means to be get harder for new discoveries.

However I was surprised at many things in the school & classes.

I realized it in science class.
We’re learning about chemical equations, and we tried to fill out a list of  many examples.
I started writing on textbook with my “pen”.
But the teacher said, “well, bring your own devices”.
The teacher sent us the form .And they started logging on Google Classroom.Then, we were separated into some groups , and started filling out the list on the internet together. That way must be much more efficient than my way.
In Japan, we seldom use devices,but I come to think it’s weird.
Maybe we have to rethink about advantages of studying with devices &internet.

Next, I was surprised at PE class.
We’re doing athletics, and we did everything such as short sprint,long & high jump, discs….etc.
Doing  every events was surprising me, but it’s not the most surprising thing.
Today, we had PE class in a Classroom.
It’s not health education.
We planned our training for PE class in the next week.
We have to choose 5 events, and we watched videos on YouTube about our own events.
We’re going to have assessment 3 weeks after.
It’s really interesting and a good experience for me.
And in Japan, we only follow the teacher’s directions. But I heard the members of Aoyama Gakuin University Ekiden team think their motto, goals for future and plans by themselves. So to think by myself is so important for improvement of my performance, I think.

今週はこんな感じです。
他には木曜日がホストブラザーの誕生で日本からスポーツキャップがプレゼントで届いたのであげました。喜んで使ってくれています。
水曜日には照屋のホスト先にお邪魔しました。ShelfieldはDarfieldより田舎でスーパーもなくすごく静かな場所でした。家の畑と庭を見てせもらい、凄いと思いました。羊が10頭、鶏が15羽程。畑にはベリーやトマトが実っています。照屋君の弁当に入っているフルーツは全て自家製らしいです。今週末は弟の誕生日最近のような感じです。
とりあえず土曜日はクライストチャーチのトランポリンパークへ出掛けます。まだまだやりたいことが沢山あるので話し合って時間を使っていきたいと思います。
それではこの辺で失礼します。
See you next week              Ryo

小林君

ニュージーランドでの発見
・体育について

僕が日本で受けてきた(受けている)体育の授業は、時々競技を変えてスポーツをする、もしくは保健の授業で身体や私たちを取り巻く環境について教わる、と言ったものがほとんどである。
しかし、NZでいま僕が受けている体育の授業は、「体が育つ」の字に相応しい教育であると感じている。なぜなら、ただ競技やスポーツを行うだけでなく、どうしたら能力が向上するのか、どうしたらより良くなるかを考え、実行する、というのを繰り返す、ということを行っているからだ。僕も初めは日本の体育しか知らなかったのでつまらない、と感じていたが、話を聞き、しぶしぶ活動を行っていると、こちらの授業の方が実に役に立っているのではないか、と思うようになり、楽しい、と感じるようになった。
日本の体育の授業は名を改めるならば「運動」とすべきだと思う。各競技で外国人選手の能力が高いのは、生まれつき、とか人種とかそういったものもあるかもしれないが、小さい頃からこういった活動を行っていることから来ているのかもしれない、とすら思った。
前回の「身だしなみ」とは違い、これは参考にすべきことなのではないか、と感じている。日本に帰ってからの体育の授業を、少なくとも僕はこういったことを意識しながら受けることで少しでも効率的に体が育つようにしたい、と思う契機になった。

・アウトドア思考
前回の発見に加え、この点を見つけた。
先進国に比べて情報技術などの未発達からか、屋内でゲーム・スマホを触る機会よりも外に出て余暇を過ごすことが多いと思った。
先週末は釣りに行き、今週は海へ、来週末はキャンプだそうだ。
どちらも別荘で、土地や建設費が安いなどが要因の一つであるとも思う。
我が家にはXBOX・Wiiの2つのゲームがあるが、ホストブラザーは暇さえあれば庭で走ったりトランポリンで遊んだりしているし、僕も一緒に遊ぶのでなかなか疲れるが、日本では出来ない非日常の体験でとても有意義だと思う。
また、技術の未発達により多くの自然と隣り合わせなのもこのような思考に繋がるのだろうと思った。
そもそも英語に常に触れていること自体が非日常だが、これからさらにどんな非日常体験が出来るのか、本当に楽しみだ。

照屋君
ニュージーランドでは車を運転する時、時速100kmを超えます。日本では、高速道路でも時速100kmを超えないのにハイウェイでも無いのにそれを軽々超えてくるのは、少し驚きです。なぜそうなるのかを、少し考えてみました。その結果、基本的に学校の近くなど人通りの多い所では、時速30kmや、15km/hなど、遅めにするようにとの看板があります。しかし一本道のとても長い通りなどでは、周りは牧場で、人通りも全くと言っていいほど無く交差点も3kmに一箇所などとばしても問題は、ありません。牧場の中を走る時には、必ず真っ直ぐで、ハンドルを使って曲がるという場面が全く無いので、飛ばせるのですね。また、常に100km/h出ているので、減速して60km/hとかになった時は、止まるのかなという感じもあります。それぐらい慣れないものです。

ニュージーランドの、道路が真っ直ぐなのがなんだかわかった気がします。今週の木曜日ダーフィールドは、とても濃い霧に覆われました。このように、濃い霧がよく街を覆う事がるらしいです。霧が濃いと全く前が見えないので、真っ直ぐでないと事故が起きる可能性がとても上がります。そのような可能性を少しでも下げるために、真っ直ぐな道が多いのだなと思いました

僕は、先週の日曜日ロードオブザリングの撮影地であるキャッスルヒルに行ってきました。僕がみたことある景色は、本当に岩がただただ乱雑にそびえ立つ。まさにそういう感じでした。しかしホストファミリーが案内してくれたところに行くと、そこには今まででは考えられないような景色が広がっていました。岩が綺麗に揃って決して乱雑と言えるような配置ではなかったのです。そう、今まで見てきたものは一方からそして近づいた時にしか見えない、たった一つの景色、魅力だったのです。ただ岩の大きさに圧倒されるだけ、岩の上から見る景色は、高くて怖い、そんなことで、岩の配置等は全く気にしていませんでした。それが、見る場所を変えるだけでこんなに変わるものなのかと、思いました。これを通して気づいた事は、一方からの景色ではモノは正確には見えないという事です。時には近づき、時には離れ、そして時には違った角度から見る事でそのモノが見えてくるのだと思いました。

﨑川 君
NZ留学で気づいたこと
・多民族である
今日(1/29)クライストチャーチに必需品などを買いに学校で行ったのだが、街を行く人々が誠に多様であることに驚いた。
肌や髪の色、信仰など、何もかもが違う人々が見事に調和していた。
ショッピングモールに行ったのだが、そこの店員・従業員の雇用に着目しても、まさに“違いを認め合って 思いやりの心を”を具現したような街であると感じた。
ニュージーランドがマオリという確固たる現地民を持つのもそのような意識を形成する要因の一つだと思う。
小さな町だから、というのもあるかもしれないが街全体に一体感があり、生まれる環境による“固定観念”の存在は大きいと思った。
・物価について
同じく今日の買い物で、物価やそれに対する意識の差異(日本人との)があると思った。ホストマザーやファザーが、買い物の際にexpensiveと言っていたものの値段が、日本的には安い、と感じた。また、1,5Lのコーラの値段が約3ドル(約240円)で、日本に比べて高い値段で売られていたのにも驚いた。
物価も違えば意識も異なるのは至極当然のことだが、やはり驚かずにはいられなかった。
以上が僕の今までのニュージーランド滞在での気づきだ。
これから学校での授業が始まりたくさんのことを経験すると思うので、その一つ一つを胸に刻んでかみしめていきたいと思う。