校長のおはなし
archives

令和元年10月

 ただ今、両祖様のご命日である両祖忌と、達磨大師のご命日である達磨忌の法要を合わせて営みました。

 

 両祖様とは、大本山永平寺をお開きになった道元禅師と、道元禅師から数えて4代目、大本山總持寺をお開きになった瑩山禅師のお二方のことです。道元禅師は高祖承陽大師、瑩山禅師は太祖常済大師ともお呼びしています。この修道館のご本尊は一仏両祖といって、中央にお釈迦様、君たちから見て右側に道元禅師、左側に瑩山禅師をお祀りしています。

 道元禅師は、建長5年、1253年、陰暦の8月28日に54歳でお亡くなりになり、瑩山禅師は正中2年、1325年、陰暦の8月15日に62歳でお亡くなりになりました。しかし、お二方のご命日を陽暦に換算すると、奇しくも同じ9月29日ということになります。そこで、この日を両祖忌としています。

 

 一方、達磨大師は5,6世紀の頃の方で、中国禅宗の初祖、開祖とされています。もともとは南インドにあった香至国の第三王子であったということですが、出家して般若多羅尊者という方について坐禅修行に励み、相当高齢になってから中国に「禅」を伝えられました。亡くなられた年は定かではありませんが、ご命日は10月5日とされていて、この日を達磨忌としています。

 

 ところで、中国にやって来た達磨大師は、熱心な仏教信者であった梁の武帝に招かれて問答を交わしています。武帝の質問はこうでした。

 「私は即位以来、数え切れないほど寺院を建立し、仏像を造り、お経を写し、僧侶に供養してきましたが、どんな功徳があるでしょう。」

 普通なら武帝は賞賛されるところなのかもしれません。ところが、達磨大師はにべもなくこう答えます。

 「どれもこれも、すべて功徳にはならない。」

 期待していた答をもらえなかった武帝は驚いて言いました。

 「これだけ仏法のために尽力してきたのに、どうして功徳がないのでしょう。」

 これを達磨大師は「あれもしたこれもしたと、自負したり、恩にきせたり、あるいは誉(ほ)められ崇(あが)められることを期待したりしているのでは、何にもならない。」

 そう言って一蹴すると、武帝のもとを去ってしまいました。そして揚子江を渡り少林寺に至って、面壁九年の坐禅に入ったと言われています。

 

 では、「功徳」とはどういうことなのでしょうか。

 10日ほど前のことですが、学園にある女性からお電話がありました。夕方の東横線で、ランドセルを背負った小学1年生らしいお子さんが辛そうに立っていました。すると、座っていた本校の生徒が、席を譲ろうとおもむろに立ち上がったのだそうです。はにかむ小学生に、とても優しく話しかけて座るように促すその生徒の姿がとても微笑ましく、清々しく、涙が出そうになった、混んでいる電車の中で大人でもなかなかできないことを、自然に行っていて感動した、その女性はそう話してくださいました。

 この生徒の行いは、人が見ているとか見ていないとか、自分にとって損か得かとか、そういう計らいをはなれた、見返りを期待しない善行です。それは、人の心を温かくします。ぜひ全校の皆さんにお伝えくださいと、労を惜しまずわざわざ学園にお電話をくださった女性の行いもまた、見返りを期待しない善行です。そのお陰で、我々も心を温かくしていただきました。

 

 道元禅師は、徳が顕れるには三段階あると示されています。第一には、あの人は善い行いを進んでする、そういう道を歩んでいると人に知られること、第二には、その道を慕う人が出てくること、そして第三には、同じようにその道を歩もうとする人が出てくることです。たとえば、小学生に席を譲った生徒のように、善い行いを進んでしていれば、人に知られようと思わなくても、自然と誰かの目に留まるものです。そして、お電話をくださった女性のように、この生徒の行いに心温まる思いをした人は、おそらく少なくありません。その中から、恥ずかしがらずに自分も席を譲ろうという人、あるいは、女性が学園にお電話をくださったように、別の形で善行を実践する人が出てきます。

 

 「功徳」を善行の見返りと考えるならば、達磨大師の仰るように、何をしても功徳にはなりません。自ら進んで善い行いをする、その輪が広がってみんなの心が豊かになっていく、それこそが「功徳」です。だからこそ、自分には厳しく、人には温かい「旃檀林の獅子児」の道を、胸を張って歩んでほしいと思います。