令和元年5月

学園には、「世田谷健児」として、「旃檀林(せんだんりん)の獅子児」として、君たちに目指してほしい人間像が3つあります。すなわち、

 

・自立心にあふれ、知性をたかめていく人

・喜びを多くの人とわかちあえる人

・地球的視野に立って、積極的に行動する人

 

ということです。新入生の諸君に入学式で話した「知性豊かで自立心にあふれ、心あたたかくたくましい人間」というのは、この3つをまとめて言ったものです。人は誰でも、たった一度のこの人生を幸せに生きていきたいと願っています。この3つの人間像は人生を幸せに生きていく人の姿であり、「明日をみつめて、今をひたすらに」、「違いを認め合って、思いやりの心を」という学園の2つのモットーは、そのための指針です。

では、人生を幸せに生きていくには、具体的にどういうことを実践していけばよいのか。「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の教えがそれを示してくれています。「波羅蜜」は、「摩訶般若波羅蜜多心経」の「波羅蜜」で、「到彼岸」(彼岸に到る)という意味があります。苦しみの多い此の岸、此岸から、心の平和な彼の岸、彼岸に到る。「六波羅蜜」はそのための6つの実践で、布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)のことを言います。今日は、このうち2つ目の「持戒」について話をしておきたいと思います。

「持戒」は戒、戒めを持つと書きます。きまりや約束を守るということですが、それだけでなく、それによって「人間として自覚を求める生活」を「する」ということだと理解してください。

前回の朝礼で、「行学一如」の話をしました。君たちには、「挨拶の励行」、「正しい服装」、「10分前登校」、「清掃整頓」という4つの実践目標があります。これらは、「行」すなわち「人間として自覚を求める生活」の基本の形です。基本の形ですから、君たちはこれを発展させていかなければなりません。

生徒手帳の1ページ目に『七仏通誡の偈(しちぶつつうかいのげ)』があります。

 

諸(もろもろ)の悪(あしきこと)は作(な)すこと莫(な)く衆(もろもろ)の善(よきこと)は奉行(ぶぎょう)し

自(みずか)ら其(そ)の意(こころ)を浄(きよ)くする是(こ)れ諸仏(しょぶつ)の教(おしえ)なり

 

人が見ていようが見ていまいが、悪い行いはせず、善い行いは進んでする。この当たり前のことを当たり前にする、それが「人間として自覚を求める生活」です。誰にでも言える簡単なことです。ところが、行うとなると簡単ではなくなります。人はすぐに自分勝手な小さな「個我」にとらわれて、善いか悪いかという価値基準でなく、自分にとって損か得かという価値基準で行動してしまうことが少なくありません。決められたルールを守るという当たり前のことも、面倒くさいと思えば自分にとっては損です。それならやめておこう、ということになってしまいます。

だから、自らに戒を持つ。悪い行いはしない、善い行いは進んでする、そう自分と約束する。その約束を守っていると、次第に、人が見ていようが見ていまいが、悪い行いはできず、善い行いは進んですることが当たり前の人間になっていきます。そういう風に人格が陶冶されていきます。

先週、校長室の窓の外を歩いていた生徒が、ツツジの植え込みの上にあったゴミを、さりげなく手にとって持って行ってくれました。衆の善は奉行する、清々しく尊い実践です。

君たち一人ひとりが「人間として自覚を求める生活」を発展させて、尊い輝きを放つことを願ってやみません。