文化部

生物部

サイエンスキャッスル2018関東大会と東北大会に参加してきました

去る12月16日に福島県にてサイエンスキャッスル2018東北大会・12月23日24日の二日間にわたり、神田女子学院を会場としたサイエンスキャッスル2018関東大会が開催され、本学園生物部は参加してきました。東北大会では、口頭発表にて発表し、関東大会ではポスター発表をしてきました。発表してきた内容は、都市環境をテーマとしたもので、ここ数年生物部が継続的に研究してきたことです。

結果として、東北大会では秋田県立大学の准教授の審査員に認めていただき、秋田県立大学フロンティア21賞を、関東大会では、全165演題あるポスターの中で、上位1割がもらえる優秀ポスター賞を頂きました。

約1年間必死で取り組んできたことが報われた瞬間で、発表した生徒達も満足そうでした。しかし、まだまだ今後も研究を継続させ、さらに完成度を高めて再び学会に参加したいと考えています。

第62回日本学生科学賞東京都大会で奨励賞を受賞しました

去る、2018年10月27日土曜日に日本学生科学賞東京都大会の表彰式に参加してきました。

今年も、奨励賞を受賞した生物部は、表彰式に参加し、最優秀賞を受賞した作品等を拝見して今後の糧となるようしていきたいと思いました。

毎年、テーマが変わる研究であっても毎年生物部の5年性が中心となって進める研究は4年連続で冒頭の賞を受賞してきております。

しかし、最近は、本気で高度な研究に取り組もうと考える生徒も増えてきいます。今後、さらなる高みを目指して頑張っていきたいと思っております。

バイオサミットに参加してきました

去る2018年7月30日~8月1日に山形県鶴岡市の慶應義塾大学先端生命科学研究所にて第8回高校生バイオサミットが開催されました。本生物部は今年で三回目の参加です。

6年生帆足拡海、5年生井上天斗、坂本早也太の三名が参加しました。

このバイオサミットは予選と決勝があり、今回初めて決勝に進出することができました。

結果的に、審査員特別賞を受賞することができ、充実した大会となりました。

今後もさらに発展させるように精進していくことで、さらに良い結果を目指していきたいと思います。

 

DSC_0413

 

マリンチャレンジに参加してきました

去る2018年7月31日に、(株)リバネス主催のマリンチャレンジに参加してきました。

会場は、横浜ランドマークタワーで今まで取り組んできたことの研究発表をしてきました。当日は、様々な分野の専門家が来場されており、多くの助言やご指摘を頂くことができました。

結果としては、残念ながら全国大会に進むことができませんでしたが、良い経験となりました。今後も、さらなる挑戦をしていこうと思います。

DSC_0426
DSC_0418
DSC_0422

 

生物部顧問の浅倉教諭が、『教育応援』に掲載されました。

活動内容

生物部は、生物が好きな人の集まりです。週2回活動を行い、生物の飼育や研究活動に取り組んでいます。低学年からの生物部の活動の積み重ねを毎年発表しています。それがどのように評価されるかは毎年異なりますが、生徒のモチベーションにもなっています。

日本学生科学賞東京都大会奨励賞受賞 2件

去る10月28日(土)に生物部自然科学班の生徒の帆足と秦の2名は日本学生科学賞東京都大会で奨励賞を受賞しました。写真は日本プレスセンターにおける授賞式の様子です。生物部は、ここ数年継続して研究活動に取り組んでいます。今後もさらに精進し、さらに上位の賞を受賞できるようにしていきたいと思います。

サイエンスキャッスル東北大会in仙台

去る12月18日、生物部は㈱リバネスか主催するサイエンスキャッスル東北大会in仙台に参加してきました。
これは、東北大学が会場となり、全国から33校が参加しました。世田谷学園は前もって予選を通過していたこともあり口頭発表で普段の研究成果を発表してきました。
結果としては審査員のうち㈱メタジェンのCEOの方に高評価を頂き、メタジェン賞を受賞しました。
今回のことに満足せず、今後も様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

DSC_1007
DSC_1012

DSC_1016

4

DSC_1032

8

日本学生科学賞受賞

平成28年10月29日に、日本学生科学賞東京都大会で奨励賞を受賞しました。表彰式は日本プレスセンターにて行われました。この賞は、2年連続の受賞です。

日本学生科学賞1 日本学生科学賞2
日本学生科学賞3 日本学生科学賞4
日本学生科学賞5 日本学生科学賞6
日本学生科学賞7