保健だより

保健だより

保健だより_保健室

世田谷学園中学校高等学校 保健室発行

新入生のみなさん、学校生活にはもう慣れましたか。今回は皆さんの学校生活での健康・安全をサポートする保健室の紹介です。

保健室利用案内

  • 原則として救急を除き、休み時間に利用しましょう。
  • 怪我をした時、具合が悪くなった時に利用しましょう。
  • 外科的応急処置(アイシング・テーピング・湿布 等)をしたり、ベッドで休むことが出来ます。
  • ベッドの利用は回復の見込みがある場合、早退で保護者の迎えを待っている場合のみ。
    休養時間は1コマとします。「睡眠不足」という理由では利用できません。
  • 保健室は薬局ではありません。アレルギー・副作用の点から内服薬の投与は一切行っておりません。
  • 相談事、悩み事がある時に利用しましょう。
  • 身体測定を行う時に利用しましょう。
  • 体の成長や健康について知りたい時に利用しましょう。
  • スポーツ振興センター(学校での怪我の医療費給付)への手続きをする時に利用しましょう。

怪我をしたら申請して下さい

学校の管理下での怪我で、医療保険診療を受け、1,500円以上保護者負担があった場合、災害共済給付金が給付されます。医療費総額の原則として4/10、一般的には、病院の窓口で1,500円保護者負担があった場合、2,000円が給付されます。
災害共済給付を受ける権利は、その給付事由が生じた日から2年間行わないと、時効によって請求権がなくなりますのでご注意下さい。

☆よくある問い合わせ ☆

Q,通学中の怪我も対象になりますか?
A,通常の経路、及び方法により通学する場合も、学校の管理下として給付対象となります。
Q,修学旅行や部活動で活動している場合も給付対象になりますか?  又、授業の間の休憩中はどうですか?
A,各教科や学校行事などの授業中、部活動等の課外活動中、休憩時間中も給付の対象となります。
Q,医療費の給付期間は何年ですか?
A,同一災害の負傷、又は疾病についての支給は、初診から最長10年間継続して受けることができます。負傷、又は疾病が治癒した時点で終了となります。